セックスレスの苦しみから抜け出すために婚外恋愛を利用する

婚外恋愛についてまじめに考える
スポンサーリンク

こんにちは、レスられ妻のあやかです。

今日はちょっとまじめに、セックスレスに悩む女性が不倫や婚外恋愛を選ぶことについて考えてみます。

 

婚外恋愛、不倫、浮気…

こういう言葉に嫌悪感を持つ人は多いと思います。
私も以前はそうでした。
不道徳だし、そういうことはすべきでないという人が大半だと思います。

 

確かに常識やモラルは大事です。
でも、セックスレスに悩む女性が常識やモラルを大事にしすぎると、
それよりはるかに重要なはずの、自分の人生をないがしろにしてしまいかねません

 

がんばってきたけど、どうしてもセックスレスを解消できない

もうこの苦しみから抜け出したい

そんな女性にこの記事を読んでもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

人生にセックスが必要な私と、そうじゃない夫

私にとって、
スキンシップやセックスはとっても大事なものです。
夫から求められたいし、日常生活の中で触れ合ったりいちゃいちゃしたい。
そうすることで、愛されていると実感できるし、幸せを感じられる。
自分の人生にセックスがないのはとてもつらい。

 

でも私の夫は、
スキンシップやセックスは、別になくてもかまわない。
一緒に暮らして、普通に話をしていればいい。
スキンシップは、たまに手をつなぐ程度で十分。
何の問題があるの?

という人。

夫は、結婚前はとても愛情表現豊かな人だったので、特に気になりませんでしたが、次第にこの差に悩むようになりました。

 

強く求められたい
愛されているという実感が欲しい

 

こういう気持ちが空回りして、悩む日々が続きました。

 

夫を変えたいという期待をいったん手放す

 

私をはじめ、セックスレスに悩むレスられ妻は、自分に女としての魅力がなくなったように感じて自信や気力を失いがちです。

こうすれば誘ってくれるかも?こんなことしたら誘ってくれないかも?と、夫の反応を伺う日々に疲れ果てています

 

なんで夫婦なのにセックスしないの!?と爆発したり、思い切って気持ちを打ち明けたのに冷たい反応が返ってきて、落ち込んだことのある人も多いかもしれません。

私も、何度もそういう経験をしてきました。

でも、あるときから、以下をやめることにしました。

・夫の反応を伺うこと
・夫の言動に一喜一憂すること
・感情をそのままぶつけること

 

これをやっていても、自分の気力は消耗するし、夫の気持ちはますます離れていくし、良いことは何もありません。

 

レスられ妻の夫は、

・愛情がないわけではない。でもセックスという形で私たちを満たすことはできない

・家族になってしまった妻に、どうしても性的な興奮をかき立てられない

こういうケースが大半のようです。

このような状態で、ただただ夫に変わってもらうことを期待しても、応えてもらえずまた傷つくのを繰り返すだけでしょう。

 

いま私たちがすべきなのは、

まずは、「夫を変えたい」という期待をいったん手放すこと

次に、ボロボロに傷ついた自分の心を回復させ、自信を取り戻すこと

最終的には、かつて夫が夢中になっていた、笑顔いっぱいの自分に戻ること

なのでしょう。

 

セックスレスの苦しみから抜け出すために、婚外恋愛を利用する

 

前述のとおり、

いま私たちがすべきことは、夫を変えようとがんばることではありません

きらきらと輝いていた、かつての自分に戻ることです。

 

そのために私たちに必要なのは、自信や癒しを与えてくれる何かです

趣味、仕事、友人などいろいろあると思います。SNSやお酒、ゲームなどかもしれません。

私もいろんなことをやってみました。

いろいろ試してみたなかでダントツで効果的だったのが「異性にちやほやしてもらうこと」や「婚外恋愛」でした。

婚外にいる他の男性との時間が、セックスレスのつらさを癒すのに一番だったのです。

婚外恋愛と言っても、必ずしも体の関係を持つこととは限りません。

ただお茶や食事をしながら自分の話を聞いてくれる、特別な男性がいるだけでも全然違います。

その相手は、男友達かもしれないし同僚かもしれません。

思い当たる人がいない場合は、私のように出会い系サイトやマッチングサイトで、自分好みの男性を探せばいいと思います。

★私が初めて出会い系サイトに登録したときの話

 

とにかく、夫を変えることに力を注ぐのは、いったんおしまいにしましょう。

夫の言動に一喜一憂して気力を消耗するのではなく、

まずは、笑顔で楽しく過ごしていた、かつての自分に戻りましょう。

 

セックスレス女性は、婚外恋愛の罪悪感とどう向き合うべきか

 

不倫や婚外恋愛をする女性への世間の風当たりは強く、
いま実際に婚外恋愛中で、罪悪感に苦しんでいる人もいるかもしれません。

元々真面目に生きてきた人ほど、そこで悩むかもしれません。

でも、今の状態がいつまでも続いて、イライラがつのり、
家族に対してきつくあたってしまうとしたら…
知らないうちに、子どもたちへの笑顔が減っているとしたら…

 

そうなってしまうよりは、

期間限定で婚外パートナーに元気をもらうことで、
夫や子どもたちに笑顔を向けられるようになる

そのほうが自分のためにも家族のためにもいいはずです。

不倫や婚外恋愛に対する罪悪感は、いったん横に置いておきましょう。

罪悪感に苦しみながら中途半端に婚外恋愛するよりも、

「今の自分にはこれが必要」と認めて、婚外パートナーに助けてもらいましょう。

 

そして、女としての自信を取り戻して、毎日笑顔でいられるようになったら、婚外パートナーから卒業すればいいんです。

その時が来たら、本来の自分に戻るのを手伝ってくれた婚外パートナーに「ありがとう」と感謝して、お別れしましょう。

 

不倫や婚外恋愛は古今東西に存在する

 

浮気や不倫は、昔から日常生活にあふれています。

「源氏物語」を始め、古典文学や小説は不倫というテーマなしには成り立ちません
オペラの9割は、不倫がテーマだそうです。

 

出会い系サイトやマッチングサイトは世界中で大盛況で、中をのぞくと普通の既婚者が山のようにいます。

私のお気に入りサイト、PC MAXは、毎日の新規登録が1000人以上もいるそうです。

私の感覚では、ここにいる男性の半分かそれ以上が既婚者、という印象です。

不倫や婚外恋愛を求めているのはごく一部の特殊な人ではなく、私たちのような普通の人間がほとんどだと思います。

経験者はわかると思いますが、不倫する既婚者って、必ずしも家族を愛してないとか軽視してる訳じゃないんです。

婚外という非日常でストレスを発散することで、家庭内が安定する
という人も少なからずいると思います。

 

我慢をやめ

 

我々レスられ妻たちは、これまでたくさん悲しい思いをしてきました。

傷ついた心を癒して、夫やこどもたちとの関係をより良くするために
今は婚外パートナーの力を借りて、元気を取り戻そう

 

これが、自分を癒して、元気を取り戻すためのことを
いろいろ試してきた私からの提案です。

 

このブログでは、私がどうやって婚外パートナーを探したかについても書いています。
興味のある方は読んでみてください。

本命彼氏のC太と初めて会ったときの話

 

あやか

コメント

  1. 野戦先輩 より:

    一つ気になるのですが、旦那様と離婚してから恋愛するという選択肢は無かったんですか?

    • あやか彩香 より:

      考えたことはありました。
      でも、尊敬できる部分もたくさんあるし、セックスレス以外の問題はなんとかなりそうだったから、離婚することはなかったです。
      ほんとにただ性欲がないだけ(ていうか私に欲情しないだけ)なんですよね。
      それと、なにより、子供は父親が大好きなので、父親のいない生活は嫌だろうな、それなら別の方法でなんとかしようって感じです。

  2. 梅干し より:

    こんばんは。
    私は独身女性で既婚男性とお付き合いしています。

    理由があって婚外恋愛するのは悪いとは言い切れないですよね。

    私の場合はお付き合いしてる男性から誘いを受けて最初は相談とかに乗ってただけなんですけど、本気で好きになってしまいました。

    家庭があるからそこは大切にしないといけないって分かってても寂しいもんです。
    お付き合いしてる男性の事は尊敬もしてるし別れたくはないんですけどね。

    これからどうすれば良いか悩み中です、、、